おまとめローンを契約しよと考えたときに、やはり一番不安に感じるのは審査基準の高さですね。
一般的なカードローンなどに比べて、おまとめローンの審査は非常に厳しいといわれています。
そして、それは間違いなく、他のカードローンに比べて審査基準は厳しく設定されいるのです。
一定以上の年収がなければ、おまとめローンの審査すら受けられないまま門前払いということもありますので、実際におまとめローンを組みたいと考えている人は、審査基準はどのようなものか知っておいた方がいいでしょう。
まず注目しなければいけないのは、「他社借り入れ件数」です。
おまとめローンはその名のとおり、複数の借金を一つにまとめるためのローン(http://www.purple-diary.com/)です。
そのため、ローン契約者は多重債務者であることがほぼ間違いありません。
しかし、いくらおまとめローンといえど、借り入れ先が多ければ多いほど金融機関からの信用はなくなってしまい、おまとめローンの契約が難しくなるでしょう。
ちなみに、おまとめローンの審査を実際受けた人の回答を比較してみると、大体3社までであればおまとめローンの審査を通過しています。
しかし、4社以上の場合、おまとめローンの審査を落ちているというデータがありますので、まずは3社以内であるということが大事なのでしょう。
次に、おまとめローンの契約を急ぐあまり、「短期間に複数の業者に申し込むのもNG」です。
ローン契約をするときに、金融機関が借り入れ希望者の借金を調べる個人情報センターには、実はローンの借り入れ返済の情報だけではなく、どのような金融機関にローンの申し込みをしているか掲載されています。
短期間にあちこち申し込みをしていると要注意人物として敬遠されてしまいますから、ローンの契約は慎重に行う必要があるのです。
「勤務年数」にも注意が必要です。
勤務年数は長ければ長いほど、金融機関からの信頼は高いです。
キャッシングの場合は3か月以上は勤務していたほうが審査通過率が高いので、おまとめローンの場合は最低でも1年は連続勤務している必要があるでしょう。
そして、一番審査落ちをしてしまう可能性が高い項目は「事故情報」です。
事故情報とは過去のローンでトラブルを起こしている情報で、個人情報センターで確認することができます。
主な内容としては滞納・踏み倒し・債務整理になります。
事故情報は5年から10年保管されるので、覚えがある人はおまとめローンの審査は受けない方がいいでしょう。
もしも曖昧な場合は、自分で個人情報センターに問い合わせをすることができるので、一度確認してみましょう。